音楽のダウンロードで知っておくべきこと

知らなかったでは済まされない、おさえておきたい音楽ダウンロード時の注意点!

多様化する音楽の楽しみ方

音楽が好き、音楽鑑賞が趣味、という人は多いでしょう。
レコードやカセットテープといった、ある程度の世代以上の方には懐かしすぎるソフトが主流だった時代。
その後、持ち運びが可能なプレーヤーの誕生やCDの登場で、私たちの音楽はより日々の生活と密接につながるものとなりました。

当時はCDの音質の良さに驚いたし、またそれをほぼそのまま記録できるMDにも大いに感心しました。
本当に懐かしいですね。

しかし、現在、CDは売れなくなってきています。
90年代の頃のように、「ミリオンヒット」という言葉も聞かなくなっていますね。

ここ十数年のうちに、音楽を取り巻く環境はがらりと変わり、今や音楽は「配信」が主流となっています。
もうすでに、「CDを買ったことがない。」「CDで音楽を聞いたことがない」という世代も増えているのです。
若者を中心に、「音楽はインターネットからダウンロードするもの」という認識の人がとても多くなっているそうです。

今では当たり前になりつつある、音楽のダウンロード。
スマートフォンの登場により、音楽を再生するためのプレーヤーも不要という状況です。
誰もがより手軽に音楽を楽しめるようになったわけですが、問題点も浮上しています。
インターネット上で放置状態となっていた著作権の問題。
かねてからその問題点は指摘されていましたが、2010年の著作権法の改定により、音楽ダウンロードについてのルールが具体的に明文化されることとなりました。

これにより、音楽をダウンロードする側の私たちも気を付けなければならないことが出てきました。
知らない間に法律違反をしてしまう?
そんな状況が、だれにでも起こりうる状況になっています。

知らないうちに犯罪者とならないためにも、音楽のダウンロードで気を付けるべき点について理解を深めておきましょう。