>

もっと音楽を楽しむために気をつけたいこととは?

従来の音楽の聴き方、楽しみ方は

音楽を聴く手段として代表的なものは、レコードとCDと言えるでしょう。

レコードとCDでは記録再生可能な音域が大きく違います。
CDの方が表現できる音質の幅が圧倒的に広いのです。

再生方法についても、レコードは盤の溝に直接針を置いて、その溝の形状を電気信号に変換して音を再生するのに対し、CDでは光で読み込んで再生します。
CDはプレーヤーにセットして再生ボタンを押すだけで、いつでも同じ音質で音楽を楽しむことが可能です。

この手軽さと音質の良さに、CDは一気に広まりました。
しかし近年では、レコード人気も復活しています。

また、両者に共通するのがジャケットの存在。
「ジャケ買い」などという言葉も生まれたように、レコード盤やCDそのものだけでなく、それらを収めるケースやボックスなども含めて一つの作品として親しまれています。

レコードかCDか?
これまでは、音楽を聴く際の選択肢と言えばほぼこの2択だったといえます。

ダウンロードが主流に

1990年代後半になりインターネットが普及すると、様々な情報の共有が可能な時代になりました。
音楽も同様で、レコードショップに出向かずとも、インターネット上で音源を入手できるようになったのです。
音楽配信、という新たな音楽の提供の手法が生まれたのでした。

私たちはインターネットにつながる環境さえあれば、どこにいても好みの音楽を手に入れることができる。
さらに音楽が身近に感じられる時代になりました。

音楽配信の黎明期は、音楽データをダウンロードするにも時間がかかり、単価も比較的高かったこともあり、あまり快適な環境とは言えないものでした。
しかし、テクノロジーの発展の速度は速く、通信技術が発展してくるにしたがって、重いデータのやり取りにもストレスを感じない時代になりました。

そして、スマートフォンの登場。
一気に普及したスマートフォンが、音楽配信をさらに促進したのです。


この記事をシェアする